おもひでの一冊!

  • 2008/04/24(木) 22:01:20

今日は本の話を。

ふしぎ男は小さい頃、引っ越していく近所のお兄ちゃんに沢山の本を戴きました。

しばらくは押入れの段ボールに眠っていたのですが、中学生の頃その段ボールの中に一冊の本を見つけて読んでみました。

お腹が痛くなるほど笑ったのを覚えています。

月日が流れ・・・。 その本は何処かに無くしてしまいました。



最近なんとな〜く思い出して読んでみたくなったのですが、調べてみるととっくの昔に廃刊になっており、古本屋サイトでも見つけられませんでした。

諦めかけていた時、偶然あるオークションサイトで発見! 譲っていただきました。

その本とは

「いたずら小僧日記」 佐々木邦著

です。

いたずら小僧日記
いたずら小僧日記(おもしろいのよん、コレ)


昭和初期の作家です。
この物語は海外の何かの小説を参考にしたらしいと、あとがきにありました。
かなり古〜いです。

で、冒頭のあらすじが読めるサイト見つけました。

こちら

どくたーTの音文協奏曲 様のホームページより)
※どくたーT様リンクに快諾いただきましてありがとうございます

ふしぎ男おススメの一冊です。とても楽しい本です。

もしも読みたいと思った方がいたら探してみてください

(でも多分入手出来ませんからっ!)

by 宣伝してるけどアフィリエイトじゃないぞ!のふしぎ男