行きつけのお店物語(後編)

  • 2008/05/05(月) 12:30:20

前編の続き

結局その日は諦めて帰宅したのです。
次女(@後のふしぎちゃん)はお店の犬にあげるんだといって
お菓子を持ってきたのでちょっと寂しそうでした。
(犬にお菓子をあげてもいいんだろうか?)



翌日、お店に電話しても繋がりません

ご主人どうしたのかなと思っていました。

それから2,3日して突然私のケータイに非通知の電話がありました。

ご主人「ふしぎ男さん※、こんにちは。 散髪屋の○○です。」 
※本当は名前で呼ばれてます


ふしぎ男「えっ!? あぁこんにちわ」

ご主人「私、散髪屋やめることにしましてん」

ふしぎ男「えぇっ!そうなんですか? 突然ですね?」

ご主人「はい、今わたし、県外にいますねん」

ふしぎ男「県外?(なんで県外なんて言い方するんだろう)」

ご主人「別の仕事してますねん。 とりあえずふしぎ男さんにおしらせしとこ思いまして」

ふしぎ男「実は2,3日前にお店に行ったんですよ。 でも誰もいなくて」

ご主人「あぁそうなんですか」

ふしぎ男「そうしたらへんなオッサンに色々聞かれてねぇ」

ご主人「(興味深そうに)どんなオッサンでした?」

・・・

こうしてご主人は突如お店を閉めてしまったのです。

断定は出来ないのですが、状況から察するにご主人は

夜××

されたようです。 これが現実・・・これが世間・・・。

今は何処で何をされてるんでしょうか。 お元気にされてますか?



そういうわけで行きつけのお店を失った今、
顔剃りもしてもらえる、とある美容院を贔屓にしてます。

(ここのオーナーにお店の宣伝しときますよ!と言ったんですがいろいろ特定出来ちゃうのでやめときます)

今の行きつけのお店
家族でご贔屓!

by ワシがミナミのふしぎ男だす!