淡路紀行2008 vol.5 マラソン激走編!

  • 2008/10/23(木) 22:04:32

vol.4の続き

体育館でのお着替え風景 お着替え風景


マラソンは10時からハーフ5キロ、そして10キロの順にスタートですが9時くらいから日差しが強くなってきました。(私は10キロ)

さぁ!レーシングスーツ(ランニングウエア)に着替えて、私の脳内は





ふしぎ・アレヂ(イタリア系)

に変わります。


(このリンクは特に意味はない)

気温が上がって路面温度も上がってきましたが大丈夫でしょうか?(F1じゃないっての)

リポーターが寄ってきました。
アレヂさん、いよいよレースですね?」

「そうだね、気温が上がりそうなんでタフなレースになりそうだ。
ピットストップ(給水所)のタイミングがカギになりそうだしね。
でもファンのためにもベストを尽くすよ(いないっつーの)


でも前日はビール一杯だけで我慢したし頑張るぞっ!ってことでスタートです。

中学校をスタートして伊弉諾神社の横を抜けて海岸線に出ます。
(オープニングラップを制したのはふしぎ・アレジです←んなわけないっ)

毎回そのまま3キロ地点くらいまではいい調子で走れるんですよね。

ところが山道のほうに入っていく頃から上り坂になってどんどんペースが落ちてきます。

そういえば去年もこのあたりでゲストランナーの歌手「高石ともやさん」に抜かれたっけ(涙)

上り坂は続くわ暑いわでなかなかキロあたりののラップタイムがあがりません。

山道に入ってからはコース脇のたくさんのコスモスが楽しませてくれる・・・筈だったのですが

そんな余裕はありません。

それに牛小屋からは芳しい「香水のかほり」がっ!(笑)

和太鼓 ゴール直前で和太鼓の応援!


結局、予定よりかなり遅れてゴール。 タイムは明かせませんが平均ラップタイムで5分40秒以上かかってしまいました。

「どうでした? アレヂさん?」

「・・・タイヤ(足)に少し問題を抱えていたんだ。(←言い訳)
 それに暑さがすべてだね(←さらに言い訳) 次頑張るよ」


記事のタイトルが激走になってますが





これは偽りでしたー。


抽選 抽選の景品はタマネギ


参加者にはレース後にくじ引きがあってタマネギが当たりました。
去年は箱で当たったんだけどなぁ。

こうして不甲斐ないタイムだったが気を取り直して三姉妹たちの待つホテルに戻ったのでした。

byこのシリーズ、かなり疲れてきたので次の番外編で終わります、のふしぎ男