九州周遊記(6) 鹿児島県・前編

  • 2009/07/31(金) 07:04:56

関之尾公園を見学した後、宮崎を出て鹿児島に入りました。
霧島神宮に立ち寄ります。
霧島神宮 霧島神宮案内図

招霊木(おがたまのき) 招霊の木
こちらは招霊木(おがたまのき)

南九州といえば神話の国。
バスガイドさんが車中で神話での神々の系譜を色々と語ってくれました。
霧島神宮の説明 霧島神宮の説明

私も毎年参加している淡路島のマラソンが伊弉諾尊(イザナギノミコト)にちなんだ「国生みマラソン」なので割と興味深く聞くことが出来ました。(^o^)
さざれ石だ! さざれ石だ!
さざれ石をここでも発見!

見事な御神木! 霧島神宮の御神木
御神木、見事です。本当に何かが宿っている気がします。

神宮全景 本殿
お詣りしたときに気が付きましたが境内の彫刻が見事です。
ゾウさん!? ゾウさん!?

奥様がしきりに

何で象さんがいるのか?

と聞いてましたがこれは龍ですよねぇ。若干鼻が長いですけど。(^^;)

境内2 本殿その2

ここ霧島神宮、あの坂本龍馬もおりょうさんと共に訪れたとか。
坂本龍馬とおりょう 坂本龍馬とおりょう(と私)
その旅が今で言う新婚旅行の始まりになったそうですね。

新婚旅行のはじまり!? 新婚旅行のはじまり!?

あぁそうそう、ニニギノミコトが高千穂に突き立てた?という天の逆鉾にちなんだ(のかな?)鉾餅(ほこもち)。
鉾餅おいしいっ! 鉾餅
これが結構おいしい!(※試食しました)

そんなこんなでこの日の宿となる霧島高原のホテルに向かいます。

byやっぱり山の中は涼しかったのだ!のふしぎ男

九州周遊記(5) 宮崎県・後編

  • 2009/07/29(水) 19:08:23

さて、そんなわけで宮崎の朝を迎えました。

朝からガッツリ! 朝からガッツリいきますぜ!

あの知事と一緒に! 宮崎県知事、いろんな場所で見かけます!

この日、ツアーのオプションは飫肥(おび)という城下町と鵜戸神宮(うどじんぐう)を巡るものだったのですが我が家は余計な出費を避けて参加せず、ホテルでのんびりします。

ってなわけで集合時間まで時間があります。
ホテルをチェックアウト後は、日差しが強いのでシーガイアの散策もせず、とりあえずタクシーでSェラトンホテルに行ってウロウロしただけ。意味も無く43階に登りましたが眺めは最高でした。

いやー、Sェラトンは良いホテルですねぇ〜。ここに泊まりたいなぁ(笑)

ハニワ兄妹!? 三女、ハニワ兄妹ですかっ!?


シェラとんに隣接する国際会議場、いつだったかサミットが開かれましたね。(忘れちゃいましたけど)

あ、そうそう!土産物のショップで謎のキャラを発見!
宮崎マッチョ!? 何だこのキャラは!?


宮崎マッチョ〜!?

うーん、謎です(笑) ちなみに私はさしずめ「ふしぎマッチョ!?」





そしてツアーに合流、バスに乗り込んで向かった先は霧島酒造の工場見学。

霧島酒造の工場へ! 霧島酒造の工場へ!(宮崎県都城市)

焼酎の製造工程 焼酎の製造工程
焼酎の製造工程の説明を受けて製造量の多さに驚いていよいよ次は・・・?

試飲だ! いよいよ試飲だ!


まさにお楽しみターイム(爆!)

そのあとじぶんのお土産用に焼酎を漁ります(笑)
超レアな逸品! これは超レアな逸品のようですね。

本当は赤霧島を手に入れたかったんですけど、この工場では扱って無いらしくて残念。(春と秋だけの季節モノだというし・・・)

でも「ここにしか売っていない」と言う言葉にはすぐ反応。
ここでしか買えない焼酎 ここでしか買えない焼酎
で、コイツは買ってしまいました。

続きを読む

九州周遊記(4) 宮崎県・前編

  • 2009/07/27(月) 21:28:56

宮崎県に入りました。まず訪れたのはこちら。

馬ヶ背の説明 「馬ヶ背」(宮崎県日向市)


馬ヶ背だ! 断崖絶壁だ!
すごい断崖絶壁です。

絶景、かも! 絶景、かも!

それにしてもここは眺望が素晴らしい!とても美しい景色が広がっています。
(各写真をクリックしてみてください)
美しい景色だ! 美しい景色だ!


続いて馬ヶ背からさほど離れていない場所にあるクルスの海へ。
クルスの海へ! クルスの海へ!

訪れると願いが叶うそうです。
願いが叶う、のか!? 願いが叶う、のか!?


十字架といえば最近、悪の十字架とかコワ〜イの話で盛り上がった我が家、この看板を見て奥様が

「ほら、呪いが叶うとこやで!」


「・・・呪い?そら、願いやがな!」


「ぎゃはははは!」


と、他のツアー客には何を笑ってるんだ?みたいな感じになってました!
叶うの文字に見えるかな? 叶うという字に見えない・・・こともないかな?


十字架の海 十字架の海ですね!


お願いしときましょう んじゃ早速お願いを!


「ふしぎちゃん、学校のお勉強が・・・(以下略)」


その後、この日泊まる宮崎・シーガイアに向かいます。

バスの車内のふしぎちゃん バスの車内のふしぎちゃん


バスガイドさんと運転手さんと一緒に
三姉妹が随分馴染んできたかわいいバスガイドさんと記念撮影。
運転手さんも入ってくれました。

ホテル到着。

地ビールと焼酎を!
あ、この夜のお酒は地ビールと芋焼酎「東国原」

byやっぱり飲んでばかりだなぁ、のふしぎ男


※ふしぎ一家はいったい何泊したんだ?旅費は幾らかかったんだ!?とか気になると思います。実は他では見られないくらいかなりお安いツアーだったのですよ、コミコミで。でないと最初から行けません(笑)

九州周遊記(3) 大分県・後編

  • 2009/07/26(日) 19:58:14

無事、ベトナムから帰国しました。中断していた九州記事、再開します。



次にやってきたのは湯布院を経由して九重"夢"大吊橋(ここのえ“ゆめ“おおつりはし)。

九重 九重"夢"大吊橋(大分県九重町)


日本最長の吊り橋 長さも高さも日本一の吊橋だそう。


実は私は・・・何を隠そう極度の高所恐怖症
木の吊り橋のようなので一人がやっと渡れるようなのを想像していて「そんなのゼッタイ渡れない!」と思っていたら頑丈そうな橋でした。

これならなんとか渡れます(笑)。それでも結構揺れましたけど。

下はコワイぞー 下はコワイぞ、ふしぎちゃん!


眼下に100選の滝!
鳴子川渓谷と日本の滝百選になっている震動の滝(雄滝、雌滝)が見渡せます。

ちゃっかりポーズ! 「猪野しし丸」くんの前でポーズ!


まさかっ! そんなことコワくて出来ませんって!


建設に掛かった総工費20億円はすでに入場料収入で完済済みとか。
なので観光スポットとして非常に潤っている地区だそうです。
借金だらけの私の地元から見ると羨ましい限りです。(^^;)

吊り橋のスペック 吊り橋のスペック


そして湯布院に戻って昼食。
ふしぎちゃんガッツリいきます! ふしぎちゃん、食欲旺盛です。


湯布院全景 湯布院全景

そして湯布院を後にして宮崎県に向かいます。

byそれでも高くてちょっとコワかったぞ!のふしぎ男

またまた行ってきます

  • 2009/07/23(木) 15:30:11

20090723153011
九州周遊記事の途中ですが所用の為2、3日ベトナムに行ってきます。しばらくブログお休みで〜す。

九州周遊記(2) 大分県・前編

  • 2009/07/22(水) 20:21:59

続いてバスで大分県に向かいます。着いたのは富貴寺(ふきじ)というお寺。

富貴寺 富貴寺

阿弥陀堂 阿弥陀堂

阿弥陀堂は十二世紀後半の建築で、九州最古の木造建築だそうです。
お堂の中には壁画と阿弥陀如来坐像がありましたが撮影は禁止。

このあたりは緑がいっぱいで紅葉の時期はさらに美しい景色が愉しめるようです。(パンフレットの四季の様子が美しかったので)





さてお次の場所は・・・こんな階段を登っていかないといけません。
鬼の石段 鬼の築いた石段

バラバラな石段を登っていると汗がポタポタ。シャツもびっしょり。(^^;)
この石段、鬼が築いたという言い伝えがあるそうです。
ちなみに次女ふしぎちゃんと三女は暑い、しんどいと言ってバスの中で待機。

森林 引き込まれそうな景色です


石段を登って辿り着いたここは熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)。

熊野磨崖仏の説明 熊野磨崖仏


熊野磨崖仏 大日如来像
不動明王像と大日如来像(と長女)

この富貴寺と熊野磨崖仏は大分県の国東半島では外せない観光地なんだそうです。


そしていよいよ別府湾を臨むホテルに到着。
ホテル ホテル到着だー

プール&別府湾 水着がないから泳げませーん

盛り沢山の夕食 盛り沢山の夕食

お腹一杯の食事と温泉、そして晩酌は銘柄だけで買ってしまった焼酎(笑)
ふしぎ屋 大分麦焼酎 ふしぎ屋


翌朝は別府の明礬(みょうばん)温泉を見学。入浴剤になる湯の花を製造しているようです。
明礬温泉 明礬温泉

温泉だー 温泉、熱いかな?


私は「卯の花なのになんで入浴剤なんだろう?」って思っていたら


卯の花(おから)じゃなくて湯の花でしたー思い込み爆!


そして次の目的地に向かいます。(大分県・後編につづく)

byなんだかツアーガイドみたいな記事になってきたぞ!のふしぎ男



写真を地区ごとに整理して記事を短く纏めていたらこの周遊記、全8回にも達する勢いなことが分かりました。あー、大変だー(笑)

九州周遊記(1) 門司港・下関編

  • 2009/07/21(火) 12:03:38

一家で某旅行社の激安ツアーを利用して九州を旅してきました。
終業式はどうした?とか聞かないでください(爆)

次女ふしぎちゃんと三女は新幹線乗車初体験!(しかもN700系)
新幹線とふしぎちゃん 新幹線を珍しそうに見るふしぎちゃん

車内販売が来たのでふしぎちゃんに「お店やさんが来たで」と教えてあげると、ひとしきり驚いてその後ずっとキョロキョロ。さすが「注文の来ない料理店」の店主、お店屋さんは気になるようです(笑)

さぁ、新幹線は小倉で降りたってそのまま門司港レトロへ。
バスの車窓からの1ショット。黄色いクレーンのある小島は巌流島だそうです。
巌流島だっ! 小次郎!待たせたなっ(クリックで拡大)

門司港レトロで昼食&自由時間となったのですが我が家は意表を突いて連絡船で下関に渡ります。
関門連絡船 関門連絡船は片道¥390でも味噌汁付かない♪

門司港は焼きカレー発祥の地ということでカレー店がたくさんあったのですがふしぎちゃんが「焼きカレーはイヤ」とか言うもんだから門司港を離れたのです。

でも・・・下関??

それって九州周遊じゃねーだろっ!って話はおいといて・・・

下関だ! 下関だ!

下関到着早々、ふしぎちゃんがお腹がすいてガマンできないってことでとりあえず見つけたお店に入ります。

ふく刺ぶっかけ丼 ふくのヒレ酒
私はふく刺ぶっかけ丼とかヒレ酒をオーダー(ごはんがイマイチだったな)

ここに来た本当の目的は唐戸市場!そう、魚市場です。
唐戸市場へ! 賑わってます!

少しずついろんな物を買って食べることが出来ます。
ここで食べたお寿司や貝柱がとにかく新鮮でおいしい!

やっぱり唐戸市場で食べれば良かった・・・

ふしぎちゃん、もう少し我慢してくださーい!





さて、食後は再び門司港に戻って集合時間まで周辺を散策。

門司港駅。駅舎はネオ・ルネッサンス様式の木造建築。九州最古の駅だそうです。
門司港駅 三姉妹は駅舎に全く興味なし!

門司港レトロ レトロ散策中!(関門大橋が見えますね)

バナナマン発見!
バナナマン発見!バナナの叩き売りの発祥にちなんだキャラクターのようです。

壇ノ浦! 長女義経とふしぎちゃん弁慶
そういえば壇ノ浦の戦いもこのあたりですね。
(源平関係、私の地元では一ノ谷の合戦がありました)

ということで門司・小倉を離れて次なる地へ向かいます。

(つづく)

続きを読む

いってきます

  • 2009/07/17(金) 08:09:04

20090717080904
一足早い夏休み。
あいにくの雨模様ですか激安ツアーで家族旅行に行ってきます。
数日間記事更新、コメレス、訪問出来ないと思います。
行き先は後日記事にて。

素人鉄人!あのロールを超えろ!2

  • 2009/07/15(水) 22:15:44

[前回までのあらすじ]
勢い込んでオリジナル・ロールケーキに挑んだ料理の素人鉄人、未完成のまま立ち去ってしまったのであった・・・。



[材料]
材料は前回とほぼ同じですが鉄人によると若干量を減らすものがあるようです。

材料 今回の材料は前回と同じ!

【スポンジ生地】
薄力粉   60g
砂糖    50g → 30gに!
卵     3個
牛乳    1さじ
マーガリン 1さじ

前回と同じフルーツ 前回と同じフルーツ缶

【ホイップクリーム】
生クリーム 1パック(180ml) → 0.5パック(90ml)に!
缶詰    桃缶、パイン缶、小豆缶

どうやら今回も懲りずに100均で見つけてきた缶詰のようだ。


[作り方]
まず生地から。今日は長女+次女ふしぎちゃん2人の助手を従えて万全の体制で臨みます。

ふしぎちゃん今回も助手だ! 万全の体制!?


1.今回も卵白をキッチリ泡立ててカタに嵌めます。(意味不明)

2.よっしゃ!っというくらい泡立ったら砂糖を徐々に混ぜていきます。

泡立て よっしゃああああ!というところまで


3.卵黄もついでに入れてさらに泡立てます。(ついでかよっ!)

4.泡立てが終わったら振るった薄力粉を入れてヘラとかでさくっと混ぜていきます。

5.牛乳とマーガリンも混ぜ合わせます。(マーガリンは火にかけて液状にしてから)

さて・・・ここで前作でミスマッチが指摘された「あずき」と「フルーツ」!


鉄人の一手はこうです。


6.生地の中に小豆も全部さっくり混ぜ込みます。


おおっ!大雑把にして投げやりな手法!

繊細かつ大胆な手法だっ!


7.オーブンのロールケーキ用トレイにペーパーを敷いて生地を流し込みます。

型に流し込む 型に流し込みます


8.170度で約20分加熱します。(予熱はキッチリやっときまっせ)

オーブンで焼くぞ! オーブンで焼くぞ!


9.生地を焼いている間にホイップクリームを作ります。生クリームを氷水で冷やしながらしっかり泡立てます。甘さを抑えるためにホイップに砂糖は入れません

今回、ホイップまぜまぜのために新兵器登場!(100均で購入)
前は飛沫が飛びまくったので懲りたようです。

新兵器だ! 新兵器だ


新兵器の威力は!? 新兵器の威力はどうだ!?


しかし・・・全然泡立たない・・・

結局、手である程度泡立ててからハンドミキサーで泡立て。(T_T)疲れた・・・

焼けた! 焼けたぞっ!


10.生地が焼けたらペーパーをそろっと剥がして裏返します。

11.その上にホイップクリームを薄く塗ります。(後で上部にも使うのでちょっと余らせます)

小豆が入ってます。 小豆が入ってるの分かりますね


12.さらに水気を切ったパイン、桃をのせます。

フルーツを乗せるんだ! フルーツを乗せるんだ!


13.縦に5等分くらいに切ります。なのでフルーツの乗せ方は切る箇所の上にはのせないように。

14.大皿にのせて巻いていきます。順にそれを外側から巻いていきます。

ぐーるぐる ぐーるぐる♪


15.大きな丸になったら残ったクリームをカタチを整えながら上部に塗りたくっていきます。
ただし敢えて横には塗りません。あくまで隙間をあけないためのクリームです。冷やしたらキレイにくっつきますので。

完成! 完成は近いぞ!


16.そしてその上にトッピングのフルーツを・・・


あっ!長女とふしぎちゃんが全部食べてしまった!





気を取り直して、冷蔵庫でちょっと冷やして


できたっ!

名付けてさすらいの料理の素人鉄人の幻のスウィーツ





「ふしぎロール!」(見かけは悪いが完成形)


鉄人自ら取り分けます。(笑)

お味はどうだ!? お味はどうだ!?


今回、分量を大雑把にしてしまったので生地がなんとなくパサパサするが、レシピ通りちゃんと作ればきっと大丈夫だ!


byさすが鉄人!バッチリキメすぎだぜ(爆!)のふしぎ男

またまた激震!コピザイル!!

  • 2009/07/13(月) 22:23:26

先日、大所帯ユニットを結成したばかりの泳ぐヴォーカル&ダンス・ユニット


コピザイル!


またまた予想だにしない波乱が訪れてしまいました。





事件のあらましはこうです。

オリジナル・メンバー5匹は5人は大きい水槽

コピザイル事件1 もうすぐ合流だ!


新メンバー5人(パフォーマー)は小さい水槽でレッスンに励み合流する日を待っておりました。
(とりあえず新メンバーに生活パターンを教え込むため)





ある日、「食事だよぉ〜」とか言いながら小さい水槽を見るとなぜか

3匹3人しかいません

そうこの日、水槽に蓋をするのを忘れてしまい2人は音楽性の違いで飛び出してしまったのです。(過去にもこういうことがありました)

コピザイル事件2 メンバー二人が離脱!


結局、飛び出した二人は煮干しのように干からびておりました(泣)





ということでコピザイル、8人編成で再出発です。

現在はメンバー全員合流し、パフォーマンスに精を出しております。



しかし、ここでプロデューサーから衝撃発表が!


次回、ユニット名再変更決定!


いったい次のユニット名は何なのか!?

(もう決まってますけど)



動揺するコピザイル


次のコッピー記事で発表!(ヒントくらい書きたいけど次回記事のオチだから書けません)

(つづく)

byやっぱそっち路線なのかっ!?のふしぎ男