探偵ラリレロ − 連続殺人を解決セヨ!

  • 2010/01/18(月) 22:57:07

最近、我が家で殺人事件が頻発している。今日も被害が出てしまった・・・。

「これで何人目だろう・・・」

捜査に行き詰った私は友人を訪ねて大学の物理学教室に向かった。



「・・・というわけなんだ。関係者は多いが犯人の目星もつかないんだ。」

「犯人を見つけるのは君の仕事だろう? 私はそんな非論理的なものには全く興味が無い。」

「そう言わないで協力してくれよ。」

「次の講義に行かなくてはならない。失礼するよ。」

「待ってくれ!・・・事件が解決したらあの素人鉄人の料理を御馳走したいんだが」

歩きだしていた物理学者は突然振り返り、そしてまわれ右をして言った。

「何をしてるんだ。早く現場に案内したまえ!」


事件の現場を見ながら、学生からは「変人ラリレロ」とあだ名されている物理学者は言った。

「ふ〜ん、なるほど被害者は彼だったのか・・・」

事件現場 長女の頃のもので、かなり古い機種だ

「そう、Tまごっちだ。かなり前からあって、最近電池を取り換えて復活した。」
ごっち お馴染みTまごっち

「ちなみに私は彼のことを“ゴッチ”と呼んでいる。あ、カール・ゴッチ(※)のことではないが。」
(※分かる人は少ないと思うがプロレスの神様と呼ばれた名レスラー)

「そんなことは聞いていない。彼の世話をしていたのは?」

「おもに次女ふしぎちゃんだ。それから三女もときどきおやつをあげていたようだ。」

「それと・・・この連続事件の発見者は長女が多いんだ。そんなわけで関係者は3姉妹だ。」

長女か? 長女?

次女ふしぎちゃんか? 次女ふしぎちゃん?

三女か? 三女?


「ほぉ、なるほど! 面白い。実に興味深い。

「で、何かわかったのか?」

「いや、サッパリわからない。」

そこへ次女ふしぎちゃんがやってきて「たまGっち」をリセットして新しい「彼」はタマゴ状態になった。

ラリレオはそれを見ながら聞いた。「Tまごっちの世話は確か、電子音が鳴ってトイレや食事の世話をするんだよな?」

「そうだがそれが何か?」

その時!

あのテーマ曲が鳴り響いたかと思うと、探偵ラリレロは近くでお絵かきをしている三女の色鉛筆を取り上げ、座り込んで落書帳に夢中になって書き始めた。なにかの数式のようだ。

そして書き終えるとメガネを押さえて考え込むいつものポーズをとりながら立ちあがった。(なるほど、そういうことか!)

「何か分かったのか?」

「いや、まだ仮説の段階だ。正しいかどうかは実証してみないと分からない。」

その時、長女がやってきて言い放った。

「あ、また

ふしぎちゃんが、殺したんやろ?

もう、何匹殺したら気がすむねん!」

「・・・」

「・・・事件は解決したようだ。」

探偵ラリレロ、自ら事件を解決したことは





一度も無い!(爆)

by念のためラリレロの推理が聞いてみたいぞ!のふしぎ男


  
私は真ん中の小説だけ持ってたりします!(笑)