行きつけのお店物語(後編)

  • 2008/05/05(月) 12:30:20

前編の続き

結局その日は諦めて帰宅したのです。
次女(@後のふしぎちゃん)はお店の犬にあげるんだといって
お菓子を持ってきたのでちょっと寂しそうでした。
(犬にお菓子をあげてもいいんだろうか?)



翌日、お店に電話しても繋がりません

ご主人どうしたのかなと思っていました。

それから2,3日して突然私のケータイに非通知の電話がありました。

ご主人「ふしぎ男さん※、こんにちは。 散髪屋の○○です。」 
※本当は名前で呼ばれてます


ふしぎ男「えっ!? あぁこんにちわ」

ご主人「私、散髪屋やめることにしましてん」

ふしぎ男「えぇっ!そうなんですか? 突然ですね?」

ご主人「はい、今わたし、県外にいますねん」

ふしぎ男「県外?(なんで県外なんて言い方するんだろう)」

ご主人「別の仕事してますねん。 とりあえずふしぎ男さんにおしらせしとこ思いまして」

ふしぎ男「実は2,3日前にお店に行ったんですよ。 でも誰もいなくて」

ご主人「あぁそうなんですか」

ふしぎ男「そうしたらへんなオッサンに色々聞かれてねぇ」

ご主人「(興味深そうに)どんなオッサンでした?」

・・・

こうしてご主人は突如お店を閉めてしまったのです。

断定は出来ないのですが、状況から察するにご主人は

夜××

されたようです。 これが現実・・・これが世間・・・。

今は何処で何をされてるんでしょうか。 お元気にされてますか?



そういうわけで行きつけのお店を失った今、
顔剃りもしてもらえる、とある美容院を贔屓にしてます。

(ここのオーナーにお店の宣伝しときますよ!と言ったんですがいろいろ特定出来ちゃうのでやめときます)

今の行きつけのお店
家族でご贔屓!

by ワシがミナミのふしぎ男だす!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪
美容室って顔そり出来るんですね。。。
初めて知りました。。。
理容室だけだと思ってましたから。。

supairoさん

こんばんは、です。
理容資格のある美容師さんなら顔剃りしてもらえるんですよ。
今通ってるお店、実はうちの奥様の高校時代からの行きつけのお店なんです。
私は行き先に困って、ついて行ってそのまま常連になってしまったのですよ。 オーナーの腕もスゴイし。
近郊の方には是非紹介したいんですけど、私の正体がばれちゃうのでそうもいきません(笑)

う〜、私は美容室がとっても苦手です。
特に大人数いる美容室に入ろうものなら
あの超アウェイ感に緊張してしまいます(@_@;)

なので私はいつも10分くらいでカットしてくれるとこに行きます。値段も1000円と安いですし(^v^)
ただ、シャンプーも顔そりもしてくれませんケド・・・。

ママスキーさん

美容室苦手なんですか?
私の行っているお店は大人数じゃないですよ。
カリスマっぽい人もいないし(笑)

夜逃げ

床屋さんの夜逃げとは、いったい何があったんだろう。
いろいろ考えてしまいます。
借金を抱えたのか・・・。
客の顔を傷つけたのか・・・。
理由も聞いて欲しかったところですね。
電話してくるのも面白いですね。

夜××ですか!

一体何が....謎だ(汗)

たぶん・・・

ギャンブルで多額の借金を背負ってしまったのですな。。。
そして、ひっきりなしの催促・・・・
もう夜○○しかない!・・・・

教訓:ギャンブルはお小遣いの範囲でね(*`д´)b

あれ?ここの美容院にもワンコがいるんだね?

たくたくろさん

その床屋さん、独り者でお母さんを亡くされてから一人暮らしだったんですよ。
パチンコや競馬が大好きだったんです。
突然お逃げになってしまったので律儀に電話くれたんだと思います。
あの店にいた犬もどうなったか気になります。

もろみえ親方

確かにナゾですが、お店を開けたままヒマなときはパチンコ行ってるような人でしたからねぇ〜。
抜け出せなくなったんだと思います。

弥生さん

>ギャンブルで多額の借金を背負ってしまったのですな。。。
そういうことだと思います。

>あれ?ここの美容院にもワンコがいるんだね?
そうなんです。 大型犬のゴールデンレトリバーです。
かわいいんですよ。
私が一人でカットに行くときも三姉妹の誰かはついてきますよ。 ワンちゃんに会うために。(^_^)

夜逃げですか〜、ホントにそういうことってあるんですね〜(^^;)

こももさん

こういう話はドラマだけじゃありませんよ。
現実にあるんです!!!

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する