ソフト開発の決定版!?

  • 2008/01/24(木) 21:44:46

今日は仕事の話。
ふしぎ男はPCのソフトウエアに関わる仕事をしています。

今は、とある案件で要求仕様を作成中です。
装置を監視するソフトなんだけど、機能を実装するにあたって

要件・方向性としては
・新規案件である
・画面表示の一部に3Dを使うのでDirectXを利用したい
・よく似た構成の異なるソフトウエアを複数製作するので極力共通化したい
(ActiveX DLLおよびActiveX コンポーネントか)
・構成はPLC(Programmable Logic Controller)とEther通信する

※最近PLCというと電力線インターネットと間違われそうだ

春頃コーディングがスタートしますが以前のエントリにも書いた通り
Windowsなので開発環境を何にするかを、同僚と時々話しますが個人的には結論が出ません。

1..net Framework(ManagedのVB / C# / C++)を選定した場合
DirectXはMDX(Magaged Direct X)を使うんだろうけど、調べてみたら
MDX1.1は古いそうだし、でもMDX2.0ってもう終了してるじゃないですか。
(XNAになっちゃったけどコレはゲーム用だから業務では使えんな〜)
それにこの案件から環境大改編になるなぁー。

2.VC++(Unmanaged、ネイティブ)を選定した場合
無難な選択だと思うが、開発効率が上がらないだろうね。 共通化も見据えたら工程的にかなりつらそうだ。 パフォーマンスは通信以外必要ないし。

3.C++/CLI(マネージド、アンマネージドのハイブリッド)
ある意味で理想的だが、文献が少なくリスクが高いので、ちょっとこれで
突き進むのは難しい。

4.旧環境VB6を選定した場合
DirectX7か8が使えるけど最新のは使えない。まぁそれはいいか。
ただ、次の世代への引継も考えると旧環境では将来が心配。
監視装置ということで組込に近いことから、

「通信処理はC++であとは共有化含めてVB6」(古くさいけど)

という選択になるのかなと思う。

なんてことで悩んでいる開発者は他にもいるんじゃないでしょうか?
(いないかな?)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する