九州周遊記(2) 大分県・前編

  • 2009/07/22(水) 20:21:59

続いてバスで大分県に向かいます。着いたのは富貴寺(ふきじ)というお寺。

富貴寺 富貴寺

阿弥陀堂 阿弥陀堂

阿弥陀堂は十二世紀後半の建築で、九州最古の木造建築だそうです。
お堂の中には壁画と阿弥陀如来坐像がありましたが撮影は禁止。

このあたりは緑がいっぱいで紅葉の時期はさらに美しい景色が愉しめるようです。(パンフレットの四季の様子が美しかったので)





さてお次の場所は・・・こんな階段を登っていかないといけません。
鬼の石段 鬼の築いた石段

バラバラな石段を登っていると汗がポタポタ。シャツもびっしょり。(^^;)
この石段、鬼が築いたという言い伝えがあるそうです。
ちなみに次女ふしぎちゃんと三女は暑い、しんどいと言ってバスの中で待機。

森林 引き込まれそうな景色です


石段を登って辿り着いたここは熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)。

熊野磨崖仏の説明 熊野磨崖仏


熊野磨崖仏 大日如来像
不動明王像と大日如来像(と長女)

この富貴寺と熊野磨崖仏は大分県の国東半島では外せない観光地なんだそうです。


そしていよいよ別府湾を臨むホテルに到着。
ホテル ホテル到着だー

プール&別府湾 水着がないから泳げませーん

盛り沢山の夕食 盛り沢山の夕食

お腹一杯の食事と温泉、そして晩酌は銘柄だけで買ってしまった焼酎(笑)
ふしぎ屋 大分麦焼酎 ふしぎ屋


翌朝は別府の明礬(みょうばん)温泉を見学。入浴剤になる湯の花を製造しているようです。
明礬温泉 明礬温泉

温泉だー 温泉、熱いかな?


私は「卯の花なのになんで入浴剤なんだろう?」って思っていたら


卯の花(おから)じゃなくて湯の花でしたー思い込み爆!


そして次の目的地に向かいます。(大分県・後編につづく)

byなんだかツアーガイドみたいな記事になってきたぞ!のふしぎ男



写真を地区ごとに整理して記事を短く纏めていたらこの周遊記、全8回にも達する勢いなことが分かりました。あー、大変だー(笑)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/06/16(木) 11:27:57

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/07/19(火) 12:50:46

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2011/10/28(金) 07:18:37

この記事に対するコメント

国東や別府、この辺りは福岡や大分の人にはおなじみのところですね。
筆者も何度も行っています。
熊野磨崖仏、行くまでが大変ですよね。
国東には、他にもあちこちにお寺がありますね。

大分は仕事で二、三度行ったことがありますが、やはりちゃんと観光旅行で行くと違いますね。
こんな素敵なスポットがあるんだなあ…
「ふしぎ屋」…まるで運命の出会いですね。
それとも、さすらいの料理の鉄人が仕込んでいったんでしょうか。

桃源児さん

国東半島は六郷満山というかたちで寺院がたくさんあるそうですね。
荘厳な寺院と風景に私は結構心が洗われましたよ。でも暑かった〜(笑)

アンジーさん

私も以前、別府に来たことがあるのですが(そのときは地獄めぐり)国東半島は仏教文化があってまた違った趣があります。いい観光になりました。
この銘柄の焼酎をみたら試したくなります。あの鉄人とは無関係・・・だと思うんですが(^^;)

こんばんは☆
えっ?4回の予定じゃなかったんですか(笑)
まっ、楽しみが増えました〜♪
焼酎ネタをしつこくしないでサラッと流すところがまたカッコいいです(爆)
鉄人の雰囲気を思わせますなぁ??・・・(^o^)

パパ、ホームに取り残されるの巻きじゃなくてホッとしました(笑)
九州周遊、良いですね。記事を読んでいると漫遊のようにも思えますが(・・・いやいや、そんなことはありません。失礼しました)
おいしいものもたくさん、見どころもたくさん。そんなことにはお構いなし、ふしぎちゃん、三女ちゃんのマイペースぶりもふしぎ家ならではの旅の絵ですね。それにしても、ふしぎ屋とは良いですね。全8回、何が起こるか楽しみです。

そうなんです。

大分はアンジーさんに続いてあまり行ったことがない場所。
なので、暗記するくらいの勢いで読んでしまいました(笑)

富貴寺と熊野磨崖仏も初めて知りました。
どっちも興味深いですけど、特に熊野磨崖仏・・・・
あんな崖に見事な仏様たち!!仰天です。
いいガイドをありがとうございます。

そうなんです、旅日記はなかなか短縮は難しいものですね。
必死にまとめようまとめようとしたら・・・・大事なシーンを何枚か置き去りになってしまって・・・・結局長い記事になっちゃうのですよね。ただでさえ記事の長い私は余計にそのスパイラルにハマります。

ふしぎ男さんの苦労の空気を読まずに・・・・
8回も読めるなんてラッキーと思っているlucinoでした(笑)

九州は福岡と長崎しか知らないので、大分旅行記楽しませてもらってます。
熊野磨崖仏の山林、ひょこっと童が出てきそうな景色ですね。
追いかけると隠れる・・・宮崎駿の世界が頭の中で展開されてます。
水着持っていかなかったなんて残念!
でも温泉の方がいいな。
ふしぎ屋、美味しかったですか?
ソルトランプの赤い光が癒し系。
次はどんな所に連れて行ってもらえるのか楽しみ!

夫婦レンジャーさん

はい8回です。すいませーん。(>_<)/
こんな名前の焼酎があるんですね!そりゃ買っちゃうでしょう(爆)

にんちきさん

いえいえツアーでコースが決まっているので漫遊じゃないですよ。
でもそうとられた方が嬉しいかも。
三姉妹はいつもマイペース。観光地には興味が無くていつもホテル「だけ」を気にしています(笑)

lucinoさん

磨崖仏は私も驚きでした。藤原末期ごろに造立されたようです。
なんかそんな時代を想像するとロマンを感じます。
旅日記の短縮、これが精一杯です。1話が短いので2話分を1話にしようかと思ったんですが写真が増えるのでやめました。
全8話、お付き合いください。(^^)

タヌ子さん

楽しんで頂きありがとうございます。
ふしぎ屋、私の口には合わなかったです。(^_^;)

宮崎駿、ガイドさんによると大分県にはトトロという地名があって映画公開時には地元で話題になったそうです。まさに映画の世界のような場所だそうです。(実際のとなりのトトロのモデルは埼玉の所沢市だそうですが)

大分県佐伯市観光協会のサイトより
http://www.kyushu1-saiki.com/mokuteki_kanko_spot.html#ume

大分・別府

お恥ずかしいことに鶴は、大分・別府はいつも通過点。
別府温泉も泊まっただけ。
なんと、有名な地獄めぐりすら未経験。

ふしぎ男さまの記事を読み、国東半島、etc.…
離島に住んでいるうちに一度は行きたいと思う鶴です。

鶴さん

私は大分は過去、別府と湯布院に来たことがあります。奥様と結婚前に(笑)
とても良いところですね。やっぱ温泉が良かったですよ。
地獄グッズがイイ味をだしていたのを覚えています。
http://www.beppu-jigoku.com/osusume.htm

個人の旅ではこんな風に名所巡りはできないでしょうね。
(ふしぎ男さんならできるかも)
こういうのも、楽しいですね!
ふしぎちゃんと三女ちゃんはバスでかしこく待ってたんですね!
かしこいなぁー!

鬼の階段、なんて長女ちゃんワクワクしたんじゃないですか?
とっても楽しそう!

全8話、見逃さないぞ!

kumiさん

はい、ツアーならではの旅程だと思います。
ふしぎちゃんと三女はバスで待ってましたよ。
全8話なんですけどここで一旦中断しないとダメなんです。
理由は後で!(^o^;)

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する