淡路紀行2009(3) 淡路国生みマラソン後編

  • 2009/10/21(水) 21:57:23

前回の続き)
いよいよ10キロのレースがスタートしました!

会場の中学校から伊弉諾神宮前を通って町内を駆け抜けます。沿道の応援がうれしい!

そして2キロほどで海岸線を走るコースに変わります。

私はまたもや無謀にもオンボードランニング映像の撮影に挑みます。
海岸コースに変わります 海岸コースに変わります

そんなことをしている暇があったらもっと真面目に走りなさいっ!
コースガイドの一助になれば、と思って撮影したんですが・・・(^^;)

(※今記事写真はランニング中撮影なのでブレブレなのはご勘弁ください)

そうそう、コースからはお線香の看板や工場を良く見かけました。
聞くところによるとお線香の生産の7割はここ淡路島なんだとか。
お線香の看板 お線香の看板

最近はアロマじゃないけど、癒し系や香りのお線香とか色々ありますよね。






そうしてレースは中盤。5キロあたりからコースは一転、海岸線から内陸部に入ります。
内陸部に入ります 山の方に入ります

のどかな丘陵地帯でさわやか気分に浸りたいところですが、最初の難関が立ちはだかります。
最初の難関だ! 最初ののぼり坂だ!

ここから私のようなにわかランナーやる気体力を奪っていきます。

「おおっと〜、ペースが上がらないぞ!」(~o~;)


とにかくコースを楽しみましょう!(笑)

あの小屋は・・・? 向こうの小屋から何か聞こえるぞ!
ニワトリ小屋でした!

金色の稲穂 金色の稲穂
殆ど稲刈りは終わっていましたが、まだのところもありました。

みかん畑
ここはみかん畑ですね!

良い天気だが・・・
天気は良いんですが・・・

やっぱりダラダラ続く坂が苦しくて何度もへばりそうになります。
(性懲りもなくカメラをぱちぱちやってるのが悪い)

でも沿道の地元住民やボランティアの方々の応援があったかくて

「もうちょっとだけ頑張ろう」って気になりました。

給水所が見えた!
給水所だ!
いよいよ8キロ地点、最初で最後のピットストップです。

ここで水分補給。ピットのロスタイムは約5秒(←別に関係ないし)

しかし、最後にまた難関の坂が!
最後の難関! 最後の難関!


そして下りだ! ゴールはソコだ!

最後の難関をクリアすれば後は下り坂だ!





そして、ゴ〜ル!

(ここでナレーション)

記録…それはいつも儚い。一つの記録は一瞬のうちに破られる運命を自ら持っている。それでも人々は記録に挑む。限りない可能性とロマンを追い続ける。それが人間なのである。次の記録を作るのは、あなたかも知れない。
(※Wikiより引用)

↑たぶん分かる人は少ない、かも(爆)

ゴール!
やっぱゴールできるとうれしい!

タイムはぜんっぜん振るいませんでしたが今年も楽しいレースが出来ました。

ってことで、ここで一旦切りましょう。

(続く)

byナレーションを読むときはバックで♪ア〜、ア〜のコーラスを入れてください!のふしぎ男

(※明日は出張なので多分ブログを休みます。)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

海岸線を走るのは気持ちよさそうですねと思っていたら、内陸や坂、結構、きついですね。
線香が淡路島で生産されていたとは知りませんでした。
このナレーションは、びっくり日本新記録だったかなあ?

こんばんは☆
にわかランナーだなんてベテランの余裕っぷりを感じますよ(笑)
観光案内?も同時に楽しめました!
ナレーションはどこかで聞いたような・・・
いえ、初めて聞きました(爆)
メールはE−MAILです!

お疲れ様でした

楽しく完走、おめでとうございます。
オンボード映像を見ていて、「そうそう、淡路島ってこんな感じ」と嬉しくなってきました。
坂道は大変ですよね。わたしは大学が六甲の山の上にあったので、遅刻しそうになっても全然走る気になれませんでした。

おはようございます

淡路国生みマラソン後篇、・・・・・・。

素敵なショットから、様子、雰囲気、伝わってきました。

いろいろ見て、楽しめました。
ありがとうございました。

応援ポチ。。

海あり、山ありのコース、変化に富んでるから飽きなくていいですね。
ゴールの向こうの青空に坂を走った努力も報われますね!
淡路がお線香の産地だというのは知りませんでした。
私も明日から出張です(単に夫の出張に便乗するだけ)。

桃源児さん

そうです、海岸線までは良かったんですがここからがキツくなるんです。(^^;)
お線香、実は淡路島が本場らしいんですよ。
ナレーション、正解です。(^o^)/

夫婦レンジャーさん

いえいえ、永遠の「にわかランナー」です。

>いえ、初めて聞きました(爆)
あはは、ここはツッコまないでおきますね。

e-mail?、はて・・・。(^^;)

アンジーさん

ありがとうございます。
今回は記録より記憶に残る走りでした。(^^;)
六甲山のあたりの大学ですか。確かに坂がキツそうですね。(^^)

siawasekunさん

楽しんで頂けましたか!それは幸いです。
ありがとうございます。(^^)

タヌ子さん

コースはきついけど・・・つい毎年来てしまうのは変化に富んだコースのせいかもしれません。
淡路島、お線香の産地なんですよ。
タヌ子さんも出張ですか!またレポートを楽しみにしています。

淡路島

とっても気持ちよさそう!
牛乳もあるので一度行ってみた〜〜い!

  • 投稿者:
  • URL
  • 2009/10/22(木) 08:52:35
  • [編集]

お疲れさまでした

かなり写真撮ってらっしゃいますけど、すごいですね!余裕じゃないですか。
っということは「新記録」出たのですか?

※残念ながら私の年代だと分かっちゃいます。

おつかれさまでした

簡単そうに書いていらっしゃいますが
強い精神力と心の余裕があるからこそ、ですね
きっと奥様が美人なのでしょう♪

こんばんは
最後のナレーション聞いたことありますぞ、
日曜日にやってた番組の最後にやってたやつですよね?
でも番組の名前が思い出せない。

鶴さん

淡路島・・・割と地味な印象がありますが実はいいところで私は好きです。機会があれば一度是非!
淡路シリーズ、続きます。

まさあーとさん

レース中に撮った写真数は今回が最多だと思います。
それもこれもブログのためです(爆)
ってことで新記録、撮影回数だったりします(笑)
ナレーション、分かっちゃいましたか!(^^)

FREUDEさん

マラソン、確かに疲れますがゴールしたときの嬉しさとそのあとの一杯は格別です。殆どそのために走っているようなものです。
私には大して精神力はないですよ(^^;)

STUぱぱさん

何曜日だったか覚えていないんですが最後が
「おめでとう!日本一!!」
でしめちゃう番組です。
私も出たかったなって思ったこともある、そんな番組でした。(^^)

ああ、更新してらっしゃる!!

2日連続で更新されているとはつゆ知らず・・・・・
どん尻でのコメントとなりました。遅くなりました。

淡路・・・長田でお伺いしたとおりなかなかハードな場所のようですね。
このアップダウンが神戸シティや加古川ならへばっちゃうのですけど・・・・・
あの地元の方の応援ってなんであんなにパワーをくれるのでしょうかね
山崎でそう感じました。
淡路もそんな力を取り戻せるような、あたたかいパワーをくれる声援があるのですね〜〜〜。

パパさんがマラソン本当に楽しんでされているのがよく解りました^^
マラソンって私も少しだけかじったことありますが・・・
疲れてきてからの坂ってほんとキツいですよね〜
完走したときは本当に気持ちよかったのでは?^^
そういえば最近ほんとにお線香って凝ったつくりのものが出てますよね!
v▼・。・▼σポチポチッ♪

lucinoさん

コースの雰囲気、伝わりましたか?
それでもここのマラソンは好きなんですよ。
私の感じでは地方に行けば行くほど楽しいですよ。人々があたたかいし。(^^)

ユリシスさん

マラソンの楽しさ、伝わりました?
決して記録だけじゃないんですよ。(記録が出せないからそう言うんですが)
マラソン、いつもやめようって思います。でもゴールした瞬間がうれしいからまた走ってしまうんです。
お線香、いまはいろいろありますよね。(^v^)

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する