素人鉄人!変わり餃子に舌鼓?

  • 2010/02/08(月) 23:02:10

さすらいの料理の素人鉄人、ついにギョーザに挑戦です。

ヘルシーで、それでいて味わい深い焼き餃子、素人鉄人はどう調理するのかっ!?

【材料 ふしぎ一家分】

豚挽き肉   ・・・ 100gくらいあれば
餃子の皮   ・・・ 1袋(50枚)
白菜     ・・・ 1/4個(たっぷり使うぜっ!)
にら     ・・・ 欲しいだけ
ネギ     ・・・ それなりに
生姜     ・・・ 適量
片栗粉    ・・・ ぱらぱら
塩こしょう  ・・・ 少々
胡麻油    ・・・ たらっと
醤油     ・・・ ちょろっと
料理酒    ・・・ 好きなだけ(うそ、ちょっとだけ)
春菊     ・・・ しゅんぎくん(彩り用)
カレー・ルゥ ・・・ 少量またはカレーパウダー
コチュジャン ・・・ 少量 


コチュジャンとカレールゥ コチュジャンとカレー・ルゥ(鉄人、どう使う?)


【作り方】

1.まず具を準備します。挽き肉をボウルにあけて塩こしょう、醤油、お酒を加えてまぜまぜします。ごま油もちょっと垂らしておきましょう。
挽肉 まずは挽き肉だ!


2.それに、みじん切りした生姜とネギ、あとはにらを短めに切って混ぜます。
まぜまぜ まぜまぜ


3.それに小さく切った白菜を加えて片栗粉も足しておきます。
白菜たっぷり! 白菜はもっと小さく切れば良かった


あ、野菜はすべて水気をしっかり切っておく必要が

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

ありました。(もう遅い)

4.次に具を包みますが、その前にカレー・ルゥをおろし金で削って粉状にしておきます。
カレールウを削ります カレー・ルゥを削ります

5.皮に具を入れて一枚一枚くるんでいきます。

これが結構めんどくさい!

餃子は以外と手がかかるぞ!(しかも包むときの写真は忙しすぎて・・・ない)

しかも鉄人は水気をしっかり切ってなかったから皮が水分で破けやすいし!


6.さて、これではフツーっぽい餃子になってしまうので素人鉄人風のアレンジを。 具を乗せる前にいくつかの皮にカレー粉、またはコチュジャンを塗りこみます。
あ、三姉妹向けじゃなくあくまでオトナ用で!


7.包み終わったら油を引いたフライパンで焼きます。ふつうならここでお湯をかけて蓋をするところですが、今回は水分が多すぎるのでそのまま蓋をします(爆)

8.焼き上がりを確認したらお皿に盛ります。しゅぎくんは彩りで添えましょう。

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

できあがり!(今回もしゅんぎくん、大活躍!!)

完成! 素人鉄人流餃子

名付けて、

素人鉄人流ときどきカレーかピリ辛風味があるぞ!ギョウザ!!(名前が長い)

水分が多すぎて、隣同士くっついて皮もふにゅふにゅでしたが、味はイイ!

時たま出てくるカレー味とコチュジャン味もなかなかオツな感じ。

三姉妹もあっというまに(文句を言いながら)食べてしまいました。
完食! あっという間に完食!


いや、ツメが甘い部分があったけどマジでおいしかったです。

ありがとう、素人鉄人!(今度は水気をしっかり切っておくれ!)

byギョウザはもういちどリベンジで完成度アップだ!のふしぎ男

この記事に対するコメント

いい感じだと思うのですが

水分を切るって作業が大事なんですね・・・・みずみずしくなっちゃったのですか?
どう見たって美味そうですけど・・・・・

カレー風味にコチュジャンを投入したのですね・・・・
そりゃいきなりの辛さっていうことで・・・・・「餃子のロシアンルーレット」っていうのはどうですか?
こういうのがあると美味しい以外にも楽しいって言うのもありますね

白菜の水出しをしておかなかったから、水を加えずに焼く。
臨機応変で素晴らしい。
水気が多かった割に、底部分はカラッと焼けてそうですね。
カレー味とコチュジャン味、最初から具に混ぜ込んじゃっても良さそうですね。
私はキムチを作ったら、キムチ餃子を作ろう!と思いつつ、未だにキムチをつくれず(キムチの素は持ってるんですけど…)。

コチュジャンやカレーを具ではなく、皮に混ぜるんですね。面白いアイディアです。
しゅんぎ君もいい色を添えてくれてますね。

lucinoさん

実際やってみると分かると思いますが水分を切るのは大事です。
でないと包む時に皮が破れてしまいます。(全体の1/3くらいは破れました)
あと、焼いたら隣同士がみんなくっ付いてしまいます。皮もふにゃふにゃになるし。(^^;)

焼くときに混ざったので餃子のロシアンルーレット状態でしたよ。
まぁコチュジャンは赤いのが透けて見えるからすぐわかりましたけどね。
カレー味を引いたふしぎちゃんは怒ってましたよ(爆)

タヌ子さん

素人鉄人、初挑戦の餃子ではいろいろ学んだようです。
白菜の水切りは非常に重要ですね。

>カレー味とコチュジャン味、最初から具に混ぜ込んじゃっても良さそうですね。
そうですね。ただ3姉妹がいるので「全部それにするな」と言われて意識しすぎて皮に塗るという方法になってしまいました。あっ、具材を分ければ良かったのかっ!(爆)
キムチ餃子もおいしそうですね。

桃源児さん

具材を別々にして混ぜてもよかったんですが思いつかなかったので・・・。
皮に混ぜるのは苦し紛れだったりします。(^o^;)
しゅんぎ君、今回も活躍してくれましたよ。

ナイス・アイデア!

さすが料理人ですね。
コチュジャンを皮に塗って具材を包むなんて
考えたことありませんでした。
つけタレのお醤油にコチュジャンを入れて
いつも食べていました←これって案外面倒なんですよ。
今度、鶴邸でもロシアンルーレット餃子、作ってみます!

ついに餃子にまでー!
すごいですね。
こんなに面倒くさいものをこんなにたくさん、作ってくれるなんて、なんていいお父さんなんでしょうー!
ふしぎちゃん、長女ちゃん、文句言ったらだめよー。

あ…思いっきりお父さんとか言ったけど…鉄人料理人でした…。

こんにちは

今度は、餃子に挑戦されたんですね。
実は私、餃子得意なんですよ!!
ウチは白菜ではなく、キャベツを入れるんですが
千切りにして、レンジでチンするんです。
そしてその後、水気を取るんですが、レンジでチン
しているので、ある程度水気が飛んでいるので
らくですよ♪
手抜き主婦でしたヽ(*◇>∀・*)v

鶴さん

今回のポイントは変わった味を付けること、そのために皮に塗り込むことです。(^^)
ロシアンルーレット餃子、是非おためしください!

kumiさん

鉄人は、ギョウザに手を出してしまいましたよ。
皮を包むのはかなり面倒だったようです。もうやりたくないくらいに(笑)
あ、私じゃありませんよ。鉄人がですよ!(爆)

ミルクティーさん

ギョウザ、お得意なんですか!
うちと違ってキャベツギョウザなんですね。
レンジでチン、それはなかなかナイスなアイデアですねぇ。
いい情報をありがとうございます。鉄人に伝えておきますね。

こんばんは☆
せっかくしゅんぎくんが大活躍しているわけですから
料理のネーミングにもしゅんぎくんの文字を入れてあげましょう!
素人鉄人流ときどきカレーかピリ辛風味があるぞ!ギョウザ!!しゅんぎくん添え♪とか・・・
この際名前が長いとはいっていられません!
↑白菜をチン♪は知らなかったですか?
さすが素人鉄人流なんですね(爆)

おおお、うまそうです
ちゃんと、茶色の焦げ目がついてるし
お腹がグー――と、なりましたw

夫婦レンジャーさん

ネーミング、しゅんぎくんも入れるべきでしたね。
・・・それにしても名前が長いです(爆)
餃子を扱うのは初めてなのでチンとか全く知りませんでした。
本件、奥様にも見解を伺ってみます(笑)

山口ジジイさん

料理は奥が深いですね。
個性が出ますからコレで正解って無いんですよね。

完食、やはりおいしかったのでしょうね♪

おろし金にアルミ箔を貼って擦ると
無駄が抑えられて、効率よく使えます^^

FREUDEさん

見事成功!・・・とは言えなかった仕上がりですがお味のほうは問題なかったので食が進みました。
おろし金にアルミ箔、なるほどナイスなアイデアですね!ありがとうございます。

うん、これはおいしそうです。作り方3なんか、さすが鉄人!って感じです。「必要が・・・あった」で「やっぱり鉄人・・・」に変わりましたけど(笑)(いやいや、嘘です。)
餃子は手作りがおいしいですね。鉄人風アレンジもなるほどです。ツメが甘いからおいしい鉄人料理ですよ。ありがとう、ふしぎ男さん。じゃない、素人鉄人!

にんちきさん

いやいや、鉄人の正体はナゾなんですって。
でもちょこちょこ失敗してしまうところが鉄人らしい、でしょう?(笑)

カリッと焼けた餃子美味しそうです!
ウチの家族は私の作る代わり映えのしない餃子に飽き飽きなんです
(作る身になってみろよっ・チッ)
カレー粉にコチュジャン!いいわ〜次に作るときはこの「変わり餃子」
試してみます♪
ここまで上手く作られるんですもの、も〜玄人鉄人ですね!!!

らっちゃんさん

是非おためしください。今までと違う餃子が出来上がりますよ。
鉄人はあくまで素人です。餃子の具材の水切りも知りませんでしたから。(笑)

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する